アニメ『異種族レビュアーズ』が放送禁止!!北米では配信停止…

作品情報

 

キャスト

 

制作会社パッショーネ
監督小川優樹
主な登場人物

スタンク(CV/間島淳司

ゼル(CV/小林裕介)

クリムヴェール(CV/富田美憂)

カンチャル(CV/湯浅かえ)

ブルーズ(CV/浜田賢二)

 

あらすじ

 

ここは人間だけではなく、エルフ、獣人、悪魔に天使と、あらゆる異種族が混在し、暮らしている世界。そこには当然、あらゆる異種族のスケベなお店もあるわけで…。

足しげくムフフなサービスをしてくれるお店に通う人間の冒険者・スタンクは、ある日種族間の(性的な意味での)感性の違いで悪友のエロエルフ・ゼルと衝突する。決着の方法は……嬢のレビュー!?

 

 

 

なめこ汁的解説

 

日本の”HENTAI“アニメがついに放送禁止

 

 

2020111日からTOKYOMXで放送されていた『異世界レビュアーズ』が2月7日付けで放送が取りやめられました。正直遂に来たか…という感じです。

あれは完全にR18作品でしたので、いくら深夜のMXでの放送といえどかなりギリギリのラインを攻め続けていたと思います。ある意味4話まで放送できていたのが奇跡ですね笑

  

現在は「AT-X(無修正ver)」「KBS京都」「サンテレビ」「BS11」で放送予定となります。

これらもMXが放送を中止した余波で取りやめする可能性も無くはないので心配ですね。

 

dアニメストア」「niconico」「AmazonPrime」などでは見られますので、どうしても見たい人は配信サイトでチェックしましょう!!

 

なめこ汁
アニメ放送時間帯のTOKYOMXで倫理観あるやつはいないってツイートが面白すぎた

 

 

他にもある?放送中止になったアニメ一覧

 

『ボボボーボ・ボーボボ』

 

(2003年11/8~2005年10/29)

 

お下品な爆笑アニメ筆頭です。凄く面白い作品ですが、PTAをはじめ大人たちの圧力に屈したアニメとして有名です。

放送当初はゴールデン枠での放送でしたが、放送局が徐々に減り、スポンサー企業がいなくなり放送終了となりました。

クレヨンしんちゃんと同じ種類のお下品作品です。

 

『世界名作劇場/名犬ラッシー』

 

(1996年1/14~1996年8/18)

 

世界名作劇場唯一の打ち切り作品です。ラッシーの苦難の旅が僅か数話で描かれる事最終回が「プロ野球中継」へ番組変更されるなど散々です。

地上波での再放送時には最終回の26話は放送されたそうです。

 

『蒼き流星SPTレイズナー』

 

(1985年10/3~1986年6/26)

 

メインスポンサーであった三菱電機がエアコンの事故により、2クール目で撤退。

プラモデルなどの売り上げも悪く、3クール目で打ち切りになりました。

本来4クールでの放送内容が3クールに縮められた事で、ストーリーが訳わからない状態になり、カオスのまま最終回を迎えました。

 

最後に

 

なめこ汁
エチチチチ
以上、なめこ汁がお届けしました!!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事