実在の事件『冷たい熱帯魚』の評価と猟奇的事件の詳細を解説

作品情報

キャスト

 

監督園子温
主な出演者

吹越満

でんでん

黒沢あすか

神楽坂恵

神楽坂恵

渡辺哲

主な登場人物

社本信行

村田幸雄

村田愛子

社本妙子

社本美津子

筒井高康

 

あらすじ

 

熱帯魚店を営んでいる社本と妻の関係はすでに冷え切っており、家庭は不協和音を奏でていた。ある日、彼は人当たりが良く面倒見のいい同業者の村田と知り合い、やがて親しく付き合うようになる。だが、実は村田こそが周りの人間の命を奪う連続殺人犯だと社本が気付いたときはすでに遅く、取り返しのつかない状況に陥っていた。


 

なめこ汁の評価

 

なめこ汁
8/10点

 

良い点

実在の事件を基にしているからか作中の随所に時間が表記されています。

人間というのは単純なものでそれだけで事件を追体験しているような感覚に襲われます。事件の内容が猟奇的なので非常に恐怖を感じられました。

ゴア表現は死体解体があるためキツめですが、殺害方法は毒薬のみでグロテスクではありませんでした。

園子温監督特有のじめっとした嫌な感じが如実に表れていて、スプラッタ映画やスリラーを普段見ない人からすると「嫌な作品」に仕上がっている事でしょう。

胸糞も非常に悪かったので不快感も楽しめます。最高でした

 

悪い点

ゴア表現の生臭さがあまり感じられなかったです。たしかにビジュアルはグロテスクですが、それ以上に舞台セット感がありました。

ストーリーや脚本に関しては言うことはないです。

 

なめこ汁の解説

埼玉愛犬家連続殺人事件

 

https://bit.ly/2Tj95ag

 

『冷たい熱帯魚』はこの事件を基にしています。硝酸ストリキニーネ入りのカプセルを栄養剤として飲ませ、死体を分解し遺棄する「ボディの透明化」によって数多くの愛犬家が殺されました。

主犯である関根元/風間博子夫妻は4人の殺害と死体損壊/遺棄で死刑判決を受けています。

起訴状では4人を殺害したことになっていますが、関根元の周りではそれ以上に多くの愛犬家が失踪しています。

しかし現在証拠不十分で立件はできていなく、未解決事件となったまま関根元は2017年に獄中で病死しました。風間博子の死刑は未だ執行されていません。

大まかな事件概要は『冷たい熱帯魚』と同様ですが、いくつか映画化するにあたって変更点があります

 

  • ドックブリダー(アフリカケンネル)から熱帯魚店(アマゾンゴールド)に職種変更
  • 死体解体は不気味な宗教小屋ではなく、山崎宅で行われていた。
  • 山崎は関根と知り合った当時、既に離婚していた
  • 劇中では辻本が発狂し娘以外関係者を皆殺しにしたが、実際の事件被害者である山崎永幸は出頭し供述、夫婦の逮捕に大きく貢献した。情状酌量で死体損壊/遺棄で3年の実刑判決を受け満期出所している。

 

おまけ:関根元の殺人哲学

  1. 世の中のためにならない奴を殺す
  2. すぐに足がつくため、保険金目的では殺さない
  3. 欲張りな奴を殺す
  4. 血は流さないことが重要
  5. 死体(ボディ)を透明にすることが一番大事

  

園子温監督と神楽坂恵について

 

https://bit.ly/2VQY7KP

 

作中で登場した社本妙子役の神楽坂恵は監督の実の妻です。

『冷たい熱帯魚』の撮影を始める直前から交際しており、その後2011111日に入籍しています。

余談ですが彼女の胸のサイズはIカップです。

 

最後に

 

なめこ汁
日本映画のジメジメした感じ大好き

 

 以上、なめこ汁がお届けしました!!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事