実話『Fukushima50』の評価と被災者から見た映画の素晴らしさについて解説

作品情報

キャスト

 

監督若松節朗
主な出演者

佐藤浩市

渡辺謙

吉岡秀隆

緒形直人

主な登場人物

伊崎利夫

吉田昌郎

前田拓実

野尻庄一

 

あらすじ

 

2011年3月11日午後2時46分、マグニチュード9.0の地震が発生し、それに伴う巨大な津波が福島第一原子力発電所を襲う。全ての電源が喪失して原子炉の冷却ができなくなりメルトダウン(炉心溶融)の危機が迫る中、現場の指揮を執る所長の吉田昌郎(渡辺謙)をはじめ発電所内にとどまった約50名の作業員たちは、家族や故郷を守るため未曽有の大事故に立ち向かう。

 

なめこ汁の評価

 

なめこ汁
9/10点

 

良い点

最高の映像作品でした。細かい所や政治的側面からの批評はある程度致し方ないとは思いますが、いち被災者から観れば非常に見応えがありました。

私が『シンゴジラ』のような関係各所が協力する作品を好むといった理由だけでなく、震災時に東日本を守るため現場作業員の方々が命を懸けて奮闘する姿を映像で観ることが非常に有意義でした。

そしてびっくりするほどエンタメ作品という側面では、俳優陣や、演出など超高クオリティでした。

重厚感をしっかり支えている渾身過ぎる演技も必見ですが、政府と原発の間に立たされた人間のやるせなさなど細かい心理描写を日本が誇る名優たちが完璧に演じていました。

演出は心に突き刺さるほど痛みを感じる過酷さで、映像的なダイナミックさに邦画特有の安っぽさはあまり感じませんでしたね。

間違いなく日本映画の歴史に遺ると思います。私ととなりお姉さんは号泣していました

 

悪い点

ご都合的なドキュメンタリーと感じざるを得ません。

後半に向けて走りまくり「パッ」と終わった感が否めなく、過程を非常に細かく描いていたのに、その収束描写をおざなりにしてしまうと、観客は「もうおわり?」と感じてしまう事間違いなしです。せめて最後に収束の経緯をテロップで載せてほしかったです。

(エンディングで、やや「フクシマでの戦いは終わった…」感を出していましたが、まだまだ復興は最中なので、そのところを強く強調してほしかったです。というか終わり方が綺麗すぎました。)

傑作である原発ドラマ『チェルノブイリ』を観てから本作を観てしまうと、「収束に向かう経緯の詳細」「物語の締め方」が物足りなく感じてしまいます。もちろんドラマの尺は映画より長いから精密に描きやすいという点を考慮しても、もう少しやりようはあったと思われます。

 

  

なめこ汁の考察

被災者から見た『Fukushima50』

 

https://bit.ly/38ymrU8

 

被災した直後には情報が無く、真っ暗の中でラジオを頼りに情報を探していました。その時に原発がメルトダウンするかもしれないと言う情報を聞き、戦慄したのを覚えています。

母親から「西日本に逃げなさい」と何度も言われ、実際に西日本に逃げる算段をしていました。冗談半分で聞いていた当時中学2年生だった私は、身体が不自由だった故祖父のため残る事を決めた母と祖母の真剣な顔に気付いていませんでした。

その経験を経て考えてみると映画『Fukushima50』は映画として非常によくできていたと思います。「3.11」で私たち被災者が経験した焦りや辛さ、悲しさを丁寧に表現してくれていました

あの時家族を失った人、失う覚悟をした人、その時にどう思うかは人それぞれでしたが、作中に描かれていた家族は間違いなく我々が避難所で接してきた人たちに間違いなかったです。

「3.11」に私達がどう過ごしていたか思い出されるようでした。余談ですが、作中にあった伊崎利夫の一人娘が親の帰りを待っている描写は、仕事帰り沿岸にいた母が津波に巻き込まれ一日帰宅しなかったことを心配していた私と重なる部分があり、涙を流してしまいました。

 

あの時、メルトダウンをしていれば私は死んでいましたが、それを命がけで防いでくれた東電作業員の方々の勇姿を観ることができて非常に有意義でした。どれだけ辛く過酷な現場だったかを映像によって少しは知れた気がします。

 

  

フクシマ50だけじゃない

 

https://bit.ly/3aBaDlI

 

「フクシマ50」とは実際に福島第一原子力発電所事故発生後、その場に残り続けた現場作業員50名に対して、海外のメディアが与えた呼称です。(フクシマ50として称される作業員の実名や所属企業などの情報は一切開示されていません。)

当時、原発内で800人の作業員が復旧に当たっていましたが、東京電力の指示で750人が避難しました。しかし50人の現場作業員達はその場に留まり、自分の身を顧みず事故の収束に尽力しています。

その後、16日朝に放射線量の高さが原因で一時避難を余儀なくされましたが、事故の収束のために現場に180人に増員して現場に戻ったと報告されています。そして18日には関係会社や東芝、日立の社員などの人員が追加され、580人態勢になりました。

今回の「Fukushima50」は50人にスポットを当てていましたが、50人以外にも数多くの作業員が放射線量が非常に高い現場に赴き、事故の収束に当たってくれていた事、様々な形で多くの人が事故の収束に懸命になっていた事を忘れてはいけません。

フクシマ50だけでなく事故に関係したすべての人に尊敬の意を示したいと思います。

 

決死隊

 

https://bit.ly/2xisvDv

 

ドラマ『チェルノブイリ』でも原発事故でも争点になっていましたが、被爆した放射線での影響が表面化するのを防ぐため、現場作業員は子を待たない年配が適切とされています。

しかし、実際は「チェルノブイリ」でも「フクシマ」でも若い作業員が現場で作業し被爆していました。正直どちらの原発事故においても一刻の猶予もなく致し方ない状況ではあったにせよ、非常に心が痛みます。

そもそも年配だから被爆していいと言うわけではなく、残りの寿命を鑑みても影響が出にくいという消去法であるため、どちらにせよ悲惨すぎますし、残された家族であったり、友人、恋人の心配であったり、放射線によって内側から破壊される恐怖との戦いを想像するだけで身が震えます。

今後、またどこかで原発事故は発生してしまうと思いますが、その解決のために多くの人間が犠牲にならなくて済む方法が見つかればと願います。

 

最後に

 

あわせて読みたい

 

なめこ汁
この映画を観て、色々判断するのはやめましょう。あくまで映画です。
以上、なめこ汁がお届けしました!!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事