【閲覧注意】思わず目を背ける”グロすぎる”映画7選【トラウマ】

 

 

なめこ汁
今宵はぜひ誰もいないところでひそかに楽しんでください!!

 

 

グロすぎる映画厳選6選

 

『 ザ・ベイ』(2012年)

あらすじ
静かな海辺の町クラリッジ、生物学者が湾内の水質に高濃度の毒性があることを察知するが、その警告を市長はスルーしてしまう。そのころ、町は独立記念日を祝うイベントで大勢の人々が繰り出しにぎわっていたが、疫病が発生したことからお祭りムードは一変。やがて、人々は体中をむしばむ突然変異した寄生虫の餌食となっていき、町は地獄と化す。

感想

この作品は、言わずと知れた名作であると個人的には思っています。内容はパンデミック系映画で、映画『コンテイジョン』や『アウトブレイク』のように謎の症状発見からパンデミックを描く作品です。

撮影方式はPOVでありながらドキュメンタリー調になっており、語り部の存在で物語の進行がスムーズになっている点が非常に良いですね。

息が詰まるほどの緊張感を味わうことができて、ちゃんと最後に原因究明をしてくれるため、解明に向けたストーリーも楽しめます。

まぁ何といっても死体のグロさがヤバい。

ここでは言えませんが、このパンデミックの原因は〇〇〇であるため、それらが体内から人間を食いちぎるという世も末な演出が楽しめます!!つまりグロ好きでも安心して見ていられる作品になっています…!!

 

『グリーン・インフェルノ』(2013年)

あらすじ
環境保護を訴える活動をしている学生グループたちはアマゾンの森林伐採の不正を暴くために現地を訪れる。しかし、彼らの過激な活動は問題視され、強制送還されてしまう。不運にも帰路についた飛行機にエンジントラブルが発生。あえなく彼らの乗った飛行機は、熱帯雨林に墜落してしまう。生き残った学生たちは助けを求めるのだが、そこにいたのは人間を食べる習慣をもつ食人族だった…。捕らわれた彼らは一人、また一人と喰われていく―。

感想

馬鹿っぽい映画筆頭。でも意外と作品のテーマはしっかりしているグロ映画

人を食う非文明人VS森林を破壊しに来た文明人という構図であって、実際に食われる人間たちも破壊される環境を憂いた活動家の学生たちでした。

作品自体は中途半端な活動家を皮肉っており、彼らのほとんどはしっかり料理されて殺されている。とにかくまるで北京ダックを食べるかのように人間を食べるシーンは数あるグロ映画でも一級品である。

ゴアシーンは全体に対して少ないにも関わらず、その一撃の重さもあって今回ランクイン。

物語としても意外と楽しめるのが今作であるためただのB級と侮るなかれ。

 

『28週後…』(2007年)

あらすじ
人間を凶暴化させる“RAGEウイルス”の猛威が収まり、復興計画が始まったイギリス。スペイン旅行中でウイルスの難を逃れたタミー(イモジェン・プーツ)とアンディ(マッキントッシュ・マグルトン)の姉弟は、父親のドン(ロバート・カーライル)と再会を果たす。しかし、感染を逃れたドンには子どもたちに言えない秘密があった。

 

感想

私が一番好きなゾンビ映画の金字塔「28シリーズ」からご紹介。

この作品のグロさは派手さのあるグロだけでなく、作品を通して生々しすぎるグロさがあるという事でランクイン。随所に見られるグロは斬新な手法が多く、プロペラでみじん切り生きた人間を目つぶし、狙撃など殺しの四十八手を見せつけてくる今作は最高に楽しい作品でした!!

物語としてはすべての元凶である兄弟にイラっとする場面はあるもの、ジェレミー・レナー演じるドイル軍曹を始めとする魅力的すぎるキャラクターが多く、出来のいいパニックアクションとなっています。

爆走するゾンビが運ぶ極上のグロテスクを知りたいなら、今作を見ておくことをお勧めしておきます!!。

『グロテスク』(2009年)

f:id:namekonameco:20191220130815j:plain

あらすじ
会社の同僚である和男(川連廣明)とアキ(長澤つぐみ)は、初めてのデートで喫茶店を出たところを何者かに拉致される。気が付くと二人はどこかの薄暗い部屋の中で口には猿ぐつわをされ、体は台に縛りつけられていた。そして彼らの目の前には、見知らぬ巨漢の男(大迫茂生)が立っており、次々と多種多様な拷問具らしきものが運び込まれ……。

 

感想

タイトルが直球で草と感じる方も多いでしょう

グロテスクの概念が生み出した邪悪な作品、グロエロなんでもありの悪魔作品。言い方はいくらでもありますが、おそらく製作者の前世はこの世のすべてを憎み死に絶えた侍でしょう。今回ご紹介するタイトルで一番”グロ映画”でした

とにかくグロの最上級を目指した作品であったため内容は凄惨を極める。かなり精密なグロ描写の数々は正直私でも目を背けてしまうものでした。

犯人は最高にSで変態で病気でワキガ、そして拷問する動機が「感動したいから」というわけのわかんなさ。

しかし登場人物全員が血気に迫っているからこそのめりこんでしまう危ない作品です。

勇気がある方はチェックしてください!!

 

『ハードコア』(2015年)

あらすじ
目を覚ますと、そこは見覚えのない研究施設だった。妻のエステル(ヘイリー・ベネット)がヘンリーの腕に機械の腕を取り付けている。大きな事故があり、ヘンリーの身体は激しく損傷していた。機械の腕と脚を装着され、声帯を取り戻す手術に取りかかろうとした時、侵入者が襲い来る。謎の組織のリーダーであり圧倒的な能力を持った男エイカンは破壊行為を繰り広げる。なんとか脱出を試みるが、組織の包囲網によりエステルがさらわれてしまう。機械のパーツを取り入れたヘンリーは超人的な身体能力を駆使し、妻を救出する為、命を懸けた戦いに身を投じていく-。

 

感想

あまりグロの印象が無いかのように描かれる本作品であるが、実は結構グロいです。しかも映像はすべて『一人称(FPS視点)』であるためグロの臨場感が桁違いです!!

結局この映画の持ち味である臨場感の強みは、グロの方面でも活かされるわけですね。とはいえハードコア並のグロい映画は巷に溢れ返っていますよね…ですがここまで緊張感を持ってグロを伝えてくる作品は他に知りません!!

一見普通のグロでもFPS視点で起きてしまえば、新鮮で疑似体験してるようになりますよね

自分の目の前で起きているグロを見てみたいと思っている変態賢者諸君はぜひこの作品を見てみましょう!他にはない特別な”感じ”が味わえます。

ちなみに内容的にも結構楽しめました。終始飽きも無くドキドキが続きっぱなしで上映時間が短く感じた作品の一つです!

 

『アイアムアヒーロー』(2016年)

あらすじ
鈴木英雄(大泉洋)35歳。職業:漫画家アシスタント。彼女とは破局寸前。 そんな平凡な毎日が、ある日突然、終わりを告げる…。徹夜仕事を終えアパートに戻った英雄の目に映ったのは、彼女の「異形」の姿。一瞬にして現実の世界は崩壊し、姿を変えて行く。謎の感染によって人々が変貌を遂げた生命体『ZQN(ゾキュン)』で街は溢れ、日本中は感染パニックに陥る。標高の高い場所では感染しないという情報を頼りに富士山に向かう英雄。その道中で出会った女子高生・比呂美(有村架純)と元看護師・藪(長澤まさみ)と共に生き残りを賭けた極限のサバイバルが始まった…。果たして彼らは、この変わり果てた日本で生き延びることが出来るのか。そして、英雄は、ただの英雄(ひでお)から本当の英雄(ヒーロー)になれるのか!? 

 

感想

超人気漫画「アイアムアヒーロー」を実写化したこの作品、国内における漫画実写化は失敗する事が多い昨今であるがしっかり成功した稀有な作品の一つである。内容も非常に面白い今作でありますが、ゾンビ映画特有のグロシーンもかなり多いです!!

とにかくテンション高めでグチャグチャ系グロを提供してくれるので、見ていて爽快感がありますね。

今回紹介している映画で「血と肉」が飛び散る量は今作が一番じゃなかろうと思わせる今作は終盤での追い上げが見ものです!!もはやお祭りかな?というレベルでしたね。

内容もすごく楽しめるのでぜひ見てほしいです。もし良かったら原作も読んでくれると嬉しいです!

『自殺サークル』(2002年)

あらすじ
新宿のプラットホーム。楽しげにおしゃべりをする女子高校生の集団。電車がホームに入ってきた瞬間、彼女たち54人の女子高校生たちは手をつないだまま飛び降りた。同じ頃、各地で集団自殺が次々と起こり始める。“事件”なのか“事故”なのか、迷う警察。そんな中、警視庁の刑事・黒田のもとに次回の集団自殺を予告する電話が入る。本格捜査に切り替え、集団自殺をくい止めようとする黒田たちの奮闘も虚しく再び都内のあちこちで壮絶な連鎖自殺が続発する。そして、落胆し帰宅した黒田を待っていたのは凄惨な家族全員の自殺現場だった……。

 

感想

超つまらなかったけど、インパクトはビックバンです!!

この映画と言ったらご存じの通り、女子高生の集団投身自殺です。この映像を見た当時まだ若かった私はかなりの衝撃を受けました。映像的にすごいグロいというわけではないし、肝心のグロシーンもチープなものではありましたが、いかんせん何十人の女子高生が楽しそうに電車に身を投げるという発想が狂気すぎましたね。

年を重ねた今見てもやはり内容は面白くないですが、そのシーンだけはどうしようもなく脳裏にこびりついてしまいます

インパクト強めのグロ映画です。冒頭の該当シーンだけでなく、作中随所に自殺シーンを見られるためチェックはしておいてほしい作品であるのは間違いないですね。

最後に

 

なめこ汁
カップルで鑑賞するのがロマンチックでよろしいかと!!
以上、なめこ汁がお届けしました!!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事