【2020年最新】NETFLIXアニメ特集 放送中作品、期待作品13選【オリジナル】

 

なめこ汁
NETFLIXのアニメのクオリティの高さは異常だよ

昨今NETFLIXはアニメコンテンツに投入する金額が他の追随を許しません。そんな会社が出すコンテンツに期待がかかるのは必然であります!!今回は2019後期~2020年中期に配信のオリジナル作品を、

放送中7選、期待作品6

で紹介していきます!!

 

 

放送中アニメ作品

 

ケンガンアシュラ

『格闘アクション』シーズン1,2

あらすじ
「拳願仕合」 それは巨額の利益を賭け、雇った闘技者の仕合の勝敗でビジネスを決める企業同士の代理戦争。56歳のしがないサラリーマン・山下一夫は、謎の闘技者・十鬼蛇王馬と出会い、拳願仕合に参加することになってしまう!金、命、家族…、様々なしがらみを乗り越え、勝利を重ね、絆を深めていく2人。そんな2人は、日本一の企業と闘技者を決める「拳願絶命トーナメント」に参加することになり――!?

 

感想

非常にシンプルな力と力の争いを描いた作品。しかし格闘とは奥が深く、二転三転する攻防戦は正直言って目が離せません!!さらに友情、恋愛、バトル、謀略すべてがそろったこの作品において格闘アニメで右に出るモノは少ないです…!!

映像のクオリティもピカイチで極限まで3Dの違和感を削り、3Dでしかできない格闘シーンをふんだんに盛り込んでいます。「どれだけお金かけているんですか?」と問いたい作品であります。見始めたら一気見はもちろんの事、マンガワンで無料配信もしているので続きが気になってしょうがない人はチェックしてみてください!!

 

BEASTARS

『ケモナー万歳青春モノ』シーズン1

あらすじ
肉食獣と草食獣が共存する世界。 食肉が重罪とされるなか、全寮制の名門高校・チェリートン学園では生徒が食い殺される”食殺事件”が起きる。 不安の渦巻く校内で、演劇部の変わり者・ハイイロオオカミのレゴシは『大きい身体』と『鋭い牙』とは裏腹に静かに生活していた。しかし小さなうさぎの女子生徒・ハルとの出会いが、そんなレゴシの心を揺り動かす。 「彼女を求める気持ちは、恋なのか? 食欲なのか?」 彼が本当に出会ったもの、それは自分自身の本能だったーーー

 

感想

巷にあふれる学園モノは正直どの作品がどれとか区別付かない時が多いです。そんな有象無象の中に現れた新生「ケモナー学園」。なんとこの作品では生徒一人一人が全員動物なのです!!それぞれ草食肉食といる中で、我々と同じ生活をしています。

しかし動物が持っている「野生」の部分に主題が置かれており、「野生」との付き合い方とか生徒としての葛藤など一癖も二癖もある物語に引き込まれて、気付いたら朝が来ている事間違いなしです!!この作品は土日に見ましょう。

 

『B: The Beginning』

『極上推理モノ』シーズン1

あらすじ
王立警察の天才捜査官キース・フリックは捜査の最前線へ復帰し、連続殺人鬼"キラーB"を追う。謎の少年、黒羽は彼の味方か? それとも追い続けてきた因縁の相手か?

 

感想

超本格派推理アクションである今作は非常に楽しめる作品です。主人公が「おじさん」なのですが、「おじさん」が主人公のアニメで外れはあまりないといった印象があり、今作ももちろん当たりです

既視感もある設定ではありますが、逆にその既視感が本作のキャラクターが持つ圧倒的魅力と、濃密なストーリーとマッチして内容が分かりやすくなっており物語として複雑怪奇&単純明快を併せ持つ不思議なアニメとなっています!!言い忘れていましたが作画に関してはあり得ないほど最高なのでそれ目当てで見て作品にハマっていくのもありだと思います!!

シーズン2制作中‼待ちきれない‼

 

『ラブ、デス&ロボット』

『美術館みたいな作品集』シーズン1

あらすじ
不気味な魔物、度肝を抜く展開、ダークな笑いなどデヴィッド・フィンチャーとティム・ミラーの世界観がさく裂。職場で視聴厳禁な大人のアニメを集めたアンソロジー。

 

感想

うーん、なんという神映像作品。美術館に保存したくなるような永久保存版。この作品はアンソロジー形式一話完結でそれぞれが独立している。その中で数多くの著名な監督が思いのまま自分の世界観を限られた時間のキャンバスにぶつける様は、アニメとかエンタメとかではなく芸術である。

基本路線はサイバーパンクなSFチックな世界観であるがその中にそれぞれの培ってきた世界観がぎゅうぎゅうにねじ込まれていて正直こちらの頭がパンクしそうになる本作は、とりあえず鑑賞してみて美しさバイオレンスさに驚いてほしい。今の私と同じ感覚が味わえるだろう。

とてつもなくおすすめである

 

『クロース』

『優しさでできた映画』アニメ映画     

あらすじ
自己中な郵便配達員と人を寄せ付けないおもちゃ職人。この2人がなぜかいっしょに、暗く凍てつく町にオモチャを配達。芽生えた友情は、喜びと奇跡をもたらす。

 

感想

忘れがたき懐かしみを覚えるアニメ。涙があふれて止まらない、優しく温かすぎる作品になっています。現代社会に疲れた大人や子供がいる大人などにおすすめです!!この作品を見て童心に返りましょう…!

 

詳しい感想はこちら

 

『悪魔城ドラキュラ - キャッスルヴァニア-』

『異種族全面戦争』シーズン1,2

あらすじ
吸血鬼ドラキュラと恐ろしき怪物の魔の手が街に迫る。体に眠る英雄の血に導かれし青年は、邪悪な力を止められるのか。大人気ゲームを原案としたアニメシリーズ。

 

感想

ゲームが原作の異色なタイトル。原作はプレイ済みであるが正直まとまるのか心配でした。しかし実際に鑑賞後に「面白すぎ!!」と叫びました。とにかく映像がきれいなのは言わずもがなでありますが、極限までのゴア表現に悪魔の恐ろしさなど嫌になるほど伝わってきました。そして悪魔側にも悪魔側の大義があり、人間側にも戦う理由があるためどちらに肩入れしていいのか分からなかったです…。

しかもシーズン1は全話導入使われているというドキドキぶり。シーズン2もすでに配信済みであるが、シーズン1を見てしまったら2も見てしまうので、とりあえず4話しかないシーズン1を見てみましょう!!ハマるはず!。

 

『スタージル・シンプソン』

『音楽×アニメの融合』アニメ映画

あらすじ
絶望が支配する終末世界。報復を胸に誓った謎のドライバーは、憎き敵の姿を求め荒れ果てた大地を駆け抜ける。アニメと音楽が融合したヴィジュアルアルバム。

 

感想

最高の出来栄え。クオリティ段違いで草が生える作品です。とにかく視覚と聴覚で楽しむ作品の筆頭ですね。「考えるな、感じろ」という言葉があるが本作がそれに該当します。極上の映像と音楽を楽しむ映画。

映画というかMV のように感じる新感覚の作品でもあると思います。とにかく何も考えずに映像と音楽を純粋に楽しめる作品であり、随所に海外meme感がある映像が押し寄せてくるためそういうのが好きな人はとにかくドハマりする作品でしょう。人を極限まで選ぶ作品なので鑑賞してみて合わなかったら中止するのもいいかもしれませんね。かくいう私は死ぬほどハマってしまりました

 

2019冬~2020年配信 期待しかない作品

 

『攻殻機動隊 SAC_2045』

 『素子が素子してる』

あらすじ 放送時期:2020年春)
『ULTRAMAN』(2019年)に続き、『攻殻機動隊S.A.C.』シリーズを手掛けた神山健治と、『APPLESEED』シリーズを手掛けた荒牧伸志によるダブル監督により構築されるのは、「攻殻」史上初となるフル3DCGアニメーション。アクターの演技をキャラクターに反映させるモーションキャプチャー技術を導入した演出と、3DCGによるフォトリアルなビジュアルにより、未だかつてないサイバーパンクアクションと、草薙素子たちの全く新しい物語が描かれる。

 

期待感

この作品は全世界が期待しているでしょう!!1995年から続くこのアニメタイトルはその時その時でまったく違う作風へと変化してきました。そんな中、今作はフル3Dで制作するという事を聞いて驚きましたね…これで攻殻機動隊の作品の幅がもっと広がってしまったらこの作品はどうなってしまうのだろうと思うほどに革新的だと思いました。

さらにティザー映像は非常に素晴らしく、「バーステーワンダーランド」でその手腕を遺憾なく発揮したロシア人「イリヤ・クブシノブ」が担当したキャラクターデザインも非常にマッチしていて大変気に入っています。制作陣も「ULTRAMAN」でも舵を取った、神谷健治×荒牧伸志、攻殻機動隊のアニメシリーズを担当しているPRODUCTION I.Gなど面白くなるしかない布陣となっているため、早く見たい作品の一つです!!

 

『日本沈没2020』

f:id:namekonameco:20191117180828j:plain

『マグニチュード8.0的な』

あらすじ(放送時期: 2020年)
2020年、東京オリンピック直後の日本を突然襲った大地震。日本列島が大混乱に陥る中、東京からの脱出を試みる一家には、想像を絶する試練が待ち受けていた。

 

期待感

この作品がNETFLIXでアニメ化されると聞いて、「ハッ⁉」となったのは私だけではないはず。私がまだ小中高生の時に見に行った日本映画「日本沈没」がアニメ化するだと…期待しかないじゃないか!もともとディザスターモノが大好きで特に日本が崩れる描写が非常に好きな私は、NETFLIXがアニメ化してくれると聞いて静かに感謝しました。

多額の予算を組み込み質のいい日本壊しが見られるのであろうと、期待しています。早く見たい筆頭でもある作品です。加えてタイトルに2020と入っているのが気になりますね。これが意味するところを想像するだけで楽しめてしまいます。本作に大きな期待を送りたいです!

 

『斉木楠雄のΨ難 Ψ始動編』

 『笑いしかないアニメ』

あらすじ放送時期:12/31より公開中‼)
超能力高校生、斉木楠雄の大騒動の日々が帰って来た! 自称"仲間"たちが起こすトラブルは、さらにパワーアップ。災難の大嵐が、次から次へと楠雄に降りかかる。

 

期待感

原作が終了して悲しくて咽び泣いていた時にこのアニメ化の話。最高のプレゼントだぜぇ!なんて思いました。この作品は質が良すぎるほどのギャグ、緩い空気感、絶対に悲しくならないシナリオ、どれをとっても純粋にギャグアニメとして至高なんです!

もちろんこの作品の注目度は実写化からしても分かるように非常に高いです。

そんなかオリジナルアニメ化をしてくれたのはファンだけでなく、全国民に対しての朗報であったはず…。早くこの作品を見て笑って笑って笑いまくりたいです!!

*鑑賞しました!! (12/31)

詳しい感想はこちら

『エデン』

『ロボットと紡ぐ家族愛』

あらすじ (放送時期:2020年秋)
数千年後の未来を舞台に、唯一生き残っていた人間の子供を育てるロボットの物語を、「鋼の錬金術師」の入江泰浩監督と「イノセンス」の3D CGクリエイターが贈る。

 

期待感

私の欲求を大きく満たしてくれる神様NETFLIXが次に用意したのは、ロボット×一人の子供の物語。禁忌の存在である人間を見つけた二人のロボットが匿いながら育てるという、おそらく死ぬほど泣ける作品です。

エピソード自体は4つから構成されており、見やすく忙しい人でも見られる作品です。映像作品において「人間×ロボット」は基本悲しいシナリオが多い気もしますが今作はどっちに傾くか期待であると共に、パッケージを見て涙を貯めておこうと思いました。早く見たくてしょうがないです。

 

『虫籠のカガステル』

『人間が巨大昆虫に』

あらすじ(放送時期:2020年)
人間を巨大な虫へと変える恐ろしい奇病により、壊滅状態に陥った人類。弱者が生き残るにはあまりにも過酷な世界で出会った男と少女は、ともに運命に立ち向かう。

 

期待感

ディザスターモノ2作品目の登場。原作は申し訳ないが未読です。しかし非常にそそられるあらすじになっています…。まず人間が巨大な昆虫になってしまう奇病という発想が好物であり、さらに病気が蔓延し荒廃した世界で出会う「おっさん」×「美少女」

この組み合わせはもう見るしかないですね!!この作品が純粋にどういう展開で進んでいくのが気になるところでありますし、結末や病気の根源を知りたいと思う作品でもあります。ストーリーが楽しみな作品ですー!!

 

最後に

 

なめこ汁
NETFLIX最高!

 

上記の作品は非常に楽しめる作品になっている。期待作品も含めてつまらないという事はないと断言しちゃう。ぜひこの期にNETFLIXに登録している人もしていない人も作品を鑑賞して、感想を教えてほしい。

人生のバイブルになるような素晴らしい作品に出会えることを切に願う

 

 

以上、なめこ汁がお届けしました!

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事