『6アンダーグラウンド』感想!!史上最もド派手なアクション作品爆誕!!

作品情報

 キャスト

 

監督マイケル・ベイ
主な出演者

ライアン・レイノルズ

メラニー・ロラン

マヌエル・ガルシア =ルルフォ

ベン・ハーディー

コーリー・ホーキンズ

デイブ・フランコ

主な登場人物

 

あらすじ

 

世界随一のスキルを持ちながら、過去を消して未来を変えたいと願う、世界中から選ばれた男女6人の精鋭たち。このチームを率いるのは、ライアン・レイノルズ演じる謎のリーダー。彼らのミッションは、たとえ英雄として知られることがなくても、成し遂げた任務の成果が歴史に刻まれること。

 

なめこ汁の考察感想

 

ストーリーを楽しむ映画ではないって話

 

f:id:namekonameco:20191213212459j:plain

 

そもそも今作のストーリーは「ありがち」であってそこまで楽しめる物でもなかったですね。さらに前半に関しては時系列の入り組みが多く混乱を招くシーンも非常に多かったですし、決してつまらなくはなかったとはいえ「普通」という評価をくだしました。

…ですが、私はこの映画にストーリーを求めてはいませんでした。じゃあ、何を求めていたか。勘のいい人ならもうお気づきでしょう。

 

そう「最高のf***kingアクション」です。

 

そもそも、監督がマイケル・ベイである時点で私は鑑賞する際にストーリーを重視しません。彼の作品はどちらかというと映像の迫力でゴリゴリ迫ってくるものが多いので、ダイナミックな映像体験を頭空っぽにして楽しむというのが正しい楽しみ方です。

 

だからこそマイケル・ベイの作風が好きな人もいれば、嫌いな人も多いです。ちなみになめこ汁的には大好きな監督です。今回も私の心に最高の映像を届けてくれたことを彼に感謝したいですね。

I`m love it

 

予算は無尽蔵ですか?

 

f:id:namekonameco:20191213212630j:plain

 

今作でNETFLIXのコンテンツに懸ける資金力のパワフルさに改めて気づかされました。先に言っておくが「資金力×マイケル・ベイ」のおかげでアクションは最高というほかありませんでした。

 

ヨーロッパでのド派手なカーチェイス、回想シーンでのアフガン自爆テロ映像、ビル、クレーン、車、豪華クルーザー。あぁ目が回りそう。実は彼らが一体いくらお金を投入してるのか気になってこの作品情報について調べました!!

 

すると…製作費は1.5億USドル、日本円にして約160億円。規模がユニバース。これを劇場公開ではなく、いち動画配信サイトが独占して配信しているのだからたまげたものです。ここまでくるとNETFLIXという企業は実は悪いビジネスしているんじゃないかと思わせる規模感ですね…

 

どんな作品?

 

f:id:namekonameco:20191213212824j:plain

 

一言でまとめると「優秀な人たちが大富豪にスカウトされ、世界を飛び回り悪人を皆殺しにしてく爽快アクション」です。逆に言ってしまえばストーリーはこの一言で片付くくらいシンプル。特に目立った伏線回収などもなく、鑑賞前に想像していた通りの展開へと進みました

 

こんな事言うと、「じゃあ、つまらないないじゃん」と鋭い突っ込みをしてくる学者諸君もいるでしょうが、前述している通りそもそもストーリーは飲み物ぐらいで、メインディッシュにアクションを楽しむ映画であるので、ストーリーでこの映画を批評するのはいささかかわいそうな気がします。

 

とは言うものの、ストーリーが全く面白くないわけではないし、ストーリーとは関係ないところで驚かされる部分がかなり多いため全く飽きはしないです。

 

むしろ多彩な戦略に笑い驚き楽しめること間違いなしです。

さらに物語自体が単純であるからこそスムーズに映像が楽しめ余計な雑念が入らず爽快にアクションを楽しめるのもいい点ですね。マイケル・ベイの作品は割とこういうところがあるから大好きなんだよなぁ。

 

最高だったぜぇ

 

とにかく、頭空っぽにしてアクションを楽しんでください。何回も言うがマイケル・ベイの映画はアトラクションです。生きる4DXとも言えるぐらい楽しく、かっこいい映像を提供してくれます。

 

そして今作も漏れなく最高の出来になっています

 

NETFLIXを契約している人は見るしか選択肢はないが、NETFLIXを契約していないひとも見るしか選択肢がないのを覚えていてほしいです。この作品にはこの法律が適用されるぐらい素晴らしいものでした。

 

最後に

 

なめこ汁
お腹いっぱいです~~

以上、なめこ汁がお届けしました!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事